PEPS WireEDM ImagePEPS WireEDM ImagePEPS WireEDM Image

PEPS Wire EDM

高機能2軸・4軸ワイヤ放電加工

PEPS Wire EDMは、精密部品加工・モールド金型加工・プレス金型加工用に開発された業界最先端を行くワイヤEDM CAD/CAMシステムです。PEPS Wire EDMは、全てのワイヤEDMマシン用の幅広い加工データ作成のための直感的な操作環境を提供します。 PEPS Wire EDMはドライランをなくし、時間・費用・材料を節約し、機械磨耗を減らします。

機能概要:

  • 直感的グラフィカルユーザインターフェース
  • 豊富なCADインターフェース(入力と出力)
  • 充実した工作機械とポストプロセッサデータベース
  • ソリッドモデルフィーチャ認識と加工平面への投影
  • 複数パンチとダイに容易に適用できる荒加工と仕上加工
  • 押し出し型用可変島高さ対応とクリッピング機能
  • ソリッドとワイヤフレーム投影ウィザード
  • 複数切り残し処理と切り残し自動切断
  • オフセットを使用した加工方向反転と加工技術変更
  • 知識ベース加工環境
  • 複数コーナ加工方法(スクエアISOと円錐含む)
  • コアなしポケット領域除去(一定テーパを含む円形、任意形状)
  • 3次元シミュレーション、部品断面表示、部品比較
  • インボリュート歯車設計オプションモジュール(ISO/AGMA)と旋削工具オプションモジュール


充実した工作機械とポストプロセッサデータベース:PEPS WIRE EDMは、Agie, CMD, Charmilles, Brother, Fanuc, Hitachi,Makino, Ona, Sodick, Seibu, Mitsubishiなど業界の先端を行くワイヤ放電加工機の豊富なデータベースを持っています。高機能ポストプロセッサは単にGコードやMコードを作成するだけではなく、様々なヘッド構成やテーブルサイズに合わせて簡単に設定を行うことができます。

加工技術の適用:描画された形状あるいはPEPS Wire EDMに取り込まれた形状は、加工技術を適用可能な‘輪郭形状’作成に使用されます。輪郭形状は、単一輪郭形状あるいはコアのない断面形状に対してプログラミングを行う場合、または4軸加工用上部下部断面形状として使用されます。個々の輪郭形状は、ワイヤフレームまたはソリッドから直接作成されます。プレス金型プレート上の複数のパンチまたはダイ輪郭形状は、ユーザが複数の直線と円弧を選択する事により作成するか、PEPS Wire EDMが膨大なデータから自動的かつ素早く個々の輪郭を作成します。4軸加工用上部下部輪郭形状に対しては自動的に同期処理が施されますが、手動での制御も可能で、3次元拘束用直線を使って上部形状を下部形状に対応させることができます。

複数切り残し処理と切り残し自動切断:PEPS Wire EDMでは、部品に複数の加工開始穴を設定し、自動的に開始穴の近くに切り残し処理を行います。PEPS Wire EDMには、無人運転のための複数の方法があります。加工機にワイヤ自動結線機能がある場合は、出来るだけ無人運転機能を利用したいでしょう。無人運転では、全ての予備加工を行う間に加工部分を切り落とさずに残します。部品を切り落とすのにはいくつか方法があります。例えば、仕上げ前に切り残し部を残したまま全ての荒加工を行い、その後切り残し部を除去して最後にトリム加工を行います。別のやり方としては、切り残し部を残したまま荒加工と仕上げ加工を行い、その後切り残し部を除去してトリム加工を行います。

工具軌跡の検証とシミュレーション:完成したワイヤ加工パスは、レンダリング表示ソリッドモデルを使って工程冶具と加工対象部品と一緒にシミュレーション表示されます。検出された干渉はモデル上で強調表示され、同時にメッセージが出力されます。パス計算により加工部品が切り離された場合、シミュレーションでも実際の加工機での工程と全く同じになるように画面上で部品を切り落とします。同時に工具軌跡の検証機能は、加工した形状が部品から取り除けるかどうかをテストします。また加工対象モデルと実際に加工された部品を詳細比較し、削り残り部分や干渉部分を強調表示する事もできます。

オプション機能:PEPS Wire EDM は旋削工具製造のための特別な機能をサポートしています。上面・側面・前面すくい角を入力する事で、基本輪郭形状から旋削工具輪郭形状を生成します。DIN/ISOとAGMAに対応したカムと歯車の輪郭形状を作成します。押し出し型メーカーにとって可変島高さ機能は有用です。島高さの変更はダイフェース周りの任意の点で容易に適用できます。